柴咲コウさんや水野美紀さんなども寄付されたということもあり、だいぶ認知されてきたヘアドネーション
病気などで髪を失ってしまった子供たちに
無償で医療用ウィッグを提供しているNPO法人(通称JHDAC)があります。
ウィッグ作成には31cm以上の髪の毛が必要です。
熊本でも賛同する美容室が増えてきました。
大抵、カットから発送までしてくれます。

超がつくほどのストレートヘアの長女☆
髪を伸ばしている過程で私が
「どうせ伸ばすなら寄付できるまでのばしたら?キレイなウィッグ作れそうだし」と提案。
母が何言ってるのかもあまり理解してなさそうでしたが、そこからずっと伸ばしていました。
さすがに腰まで来ると本人も名残惜しくなり、何度か断髪式を延期していたのですが、春になりようやく決行!

はじめは不安そうでしたが、雰囲気が変わった自分もまんざら悪くはないし
なにより自分の髪が「人の役に立つ」ことが誇らしく思えたようです。

日々風呂上がり乾かすのが大変でしたが
切ってかなり楽になりました(゚∀゚)♪
今度は現在年中の次女も同じように「伸ばして切る~♪」とやる気になっています。
ヘアドネーション