熊本県菊池郡大津町の医療法人潤心会熊本セントラル病院

文字サイズの変更

臨床工学科

概要

臨床工学科とは、臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)の国家資格を受け、医師の指導・監督の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を業とする部署です。
その業務範囲は広く医学と工学の両側面から業務に取り組む専門技術者です。

最近の医療機器は日々進化し続けています。高度化する医療機器を安全に使用する為には専門の知識や技術を必要とします。

当院では3名の臨床工学技士で、さまざまな医療機器を安全に使用できるよう各種業務に取り組んで、チーム医療に貢献しています。

臨床工学科

業務内容

当院では下のような業務や機器の操作に参画し専門知識や技術を提供しています。

医療機器管理

各種医療機器を様々な測定器を用い定期的に点検しています。医療機器自体の測定値と測定器での測定値を見比べ、本来求めている機能を充分満たしているのかのチェックを行います。実際使用する患者さんに、本当の意味での安全を提供できるようメンテナンスに力を入れています。

医療機器管理医療機器管理

院内教育

高度化する医療機器を、実際使用するスタッフに自信を持って操作してもらうため、使い方や原理の説明を行っております。また、高度な医療機器の性能を100%フルに使ってもらうためにも院内教育を行っております。

院内教育

手術室業務
毎朝、手術に必要な医療機器(麻酔器・電気メス・顕微鏡etc)の動作確認や準備を行い安全に手術が受けられるようにチェックを行います。また、特殊な装置を使用する際は立会し操作等を行っています。万が一機器の不具合が発生しても対応できる体制を整えています。

手術室業務手術室業務手術室業務

血液浄化
当院では内科チームとして、さまざまな疾患に対して血液浄化を施行できる体制をとっています。

  • 白血球除去療法(LCAP)

    潰瘍性大腸炎、関節リウマチに適応される血液中の白血球を取り除く治療法です。

    白血球除去療法(LCAP)

  • 腹水濾過濃縮再静注法(CART)

    難治性腹水症の腹水を採取し、それを濾過、濃縮して、患者さんに再静注する治療法です。

    腹水濾過濃縮再静注法(CART)

  • 血漿交換療法(PE・DFPP)

    血液中の蛋白領域に存在する病因物質を体外循環により除去する治療法です。

  • 持続緩徐式血液濾過療法(CRRT)

    急速に腎臓の機能が低下した急性腎不全等の重症患者さんに対して適応される治療法です。

  • エンドトキシン吸着療法(PMX)

    エンドトキシン血症に伴う重症病態の改善のため、エンドトキシンを選択的に吸着除去する吸着型血液浄化器(トレミキシン)を用いた血液浄化療法です。

  • LDLアフェレシス療法(LDL吸着)

    閉塞性動脈硬化症や家族性高コレステロール血症の患者さんに対して悪玉コレステロールを選択的に吸着除去する治療法です。

高気圧酸素治療(HBO)
高気圧酸素治療とは多くの酸素を体内に取り込み様々な疾患を治療する装置です。当院では、主に腸閉塞(イレウス)・突発性難聴・難治性潰瘍を伴う末梢循環障害・骨髄炎の患者さん等の治療に使用します。

高気圧酸素治療(HBO)

機器操作立会業務
  • 自己血回収装置

    比較的出血しやすい手術(当院では人工関節手術や腰部脊柱管狭窄症などの整形や脳外)に対して、他人の血液を極力輸血しなくて良いように、出血した分を回収しその血液を洗浄したのち再び患者さんに戻す自己血回収装置を使用しています。手術は限られますが、当院ではこの装置を積極的に使用することにより、手術前に自分の血液を貯血しておく必要もなく、他人の血液を輸血することもほぼなく、安全に手術を受けて頂く事が出来ます。

    自己血回収装置

  • 運動誘発電位(MEP)体性感覚誘発電位(SEP)

    脳や脊椎の手術の際に大事な神経を傷つけないように手術を進めながら神経の状態を確認する装置を操作しています。当院では運動誘発電位(MEP)と体性感覚誘発電位(SEP)の両方を確認し安全な手術に貢献しています。

    運動誘発電位(MEP)体性感覚誘発電位(SEP)

  • 人工呼吸器管理

    人工呼吸器導入時やウィーニング時(人工呼吸器を外すこと)に医師と相談し設定変更や操作等を行っております。また、人工呼吸器の使用中点検や回路交換も感染対策を整え技士サイドで行い安全管理に努めています。

    人工呼吸器管理人工呼吸器管理

  • ラジオ波焼灼術(RFA)

    医師・看護師・検査技師と協力し体表から肝臓に針を刺して、局所部分を焼灼する医療機器(クールチップ)の準備や操作等を行い機器の安全運用に努めています。

  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

    内視鏡的に使用可能な高周波メスを使って、粘膜下層のレベルで病変を剥がし取る手技で、その際に使用する装置やデバイスの操作や介助を行っています。

  • ペースメーカー管理

    ペースメーカーを植え込みされている患者さんの定期外来点検や手術時に機器の設定確認や操作等を医師の指示のもと行います。

TEL 096-293-0555 熊本県菊池郡大津町大字室955

PAGETOP
Copyright © 医療法人 潤心会 熊本セントラル病院 All Rights Reserved.