11月14日(木)熊本セントラル病院7階ホールにて第35回看護・介護勉強会を開催しました。

 今回は、『その人らしく生きるを支える切れ目のないチームアプローチ』をテーマに、当院訪問看護ステーション 看護師、当院認知症対応型通所介護 介護福祉士より、多職種と連携しながら在宅医療を支えたケースの事例発表をして頂きました。参加者からは「ケアの在り方の見本となっていた。勉強になった。」「ターミナル期の支援は不安だらけだが、今日の事例に勇気をもらった。」等の感想が聞かれました。

 グループワークでは在宅医療に携わった体験談をそれぞれお話し頂き、支援する中で抱える悩みや大変さを共有しました。また、テーマに沿った活発な意見交換も見られ多職種で学びを深める良い機会となったと思います。

 今後もアンケートで頂いた感想・意見をもとに地域の皆様のニーズに応じた勉強会の企画を行って参ります。次回も多数のご参加をお待ちしております。

201911看護・介護勉強会①201911看護・介護勉強会②