12/3(木)に、当院がファミリーフレンドリー企業部門 熊本労働局長優良賞として表彰されました。
熊本県庁にて表彰式が行われ、その様子がNHKテレビで放映されました。

ファミリーフレンドリー企業とは…男女ともに仕事と育児・介護が両立できるような様々な制度を持ち、多様でかつ柔軟な働き方を労働者が選択できるような取り組みを行う企業をいいます。当院での具体的な取組は以下の通りです。
・ 育児・介護休業制度について、法を上回る制度を導入(育児休業は子が1歳に達するまで複数回の取得が可能)。
・ 過去3年間において51名の女性が出産し、全員が育児休業を取得(取得率100%)し、全員が復職(復職率100%)。また、男性も2名が育児休業を取得(取得率9%)。
・ 男性の育児休業取得者2名の休業取得日数はそれぞれ31日、123日と一月以上の取得。
・ 育児短時間勤務制度について、法を上回る制度を導入(小学校2年生までの子をもつ職員が利用可能)。
・ 院内保育所の設置。
・ 病児保育利用支援制度の実施。
・ 子の看護休暇制度について、法を上回る制度を導入(小学校3年生までの子を養育する職員が利用可能、対象となる子が1人の場合年7日、2人以上の場合年14日まで取得可能)。
・ デジタルサイネージ(院内表示システム)及び院内誌による両立支援制度の周知。
・ 育児・介護目的以外で利用できる短時間正社員制度の導入。
など。

これからも、家庭と両立できるより働きやすい職場環境を目指し、職場環境改善に取り組んでいきます。

ファミリーフレンドリー企業